癌予防に

  • 投稿日:
  • by

ブロッコリーは生で食べるのが一番、ブロッコリーが本来持っている栄養素を体に取り入れるのに有効なのです。ブロッコリーはビタミンCを豊富に含んでいます。でもビタミンCって野菜を茹でた時にどんどんと出ていってしまうのです。ですから、そんなビタミンCをうまく体に取り入れたいのなら生で食べるのが一番なのです。ブロッコリーって生で食べるのも結構おいしいものです。またブロッコリーには発がん物質を抑える成分も多く含まれています。ブロッコリーって実はスーパーフードなのです。「でも生で食べるのはちょっと...」というかたはブロッコリーのそんな有効な成分の身を体に取り入れるのが良いかもしれません。ブロッコリーの有効な成分はビタミンCや発がん物質を抑えるスルフォラファンなどがあります。スルフォラファンってガン予防効果がとても期待されている栄養素なのですよ。 参考:NHKで紹介されたスルフォラファンの効果がすごいっ!

色々な病気が薬などを使って克服できるようにはなっていますが、それでも癌を発病される方は現代でもたくさんいらっしゃいます。恐ろしい病気だからこそ、発病しないようにしたいですよね。それには予防法をうまく利用することも大切です。